学生時代にスポーツに取り組むメリット~難関校は子育て次第で合格できる!子どもを開成に合格させた大野ママの教育法~

学生時代にスポーツに取り組むメリット

学生時代にスポーツに取り組むメリット

子どもに習い事をさせようと考えている方は、多くいらっしゃるでしょう。スポーツに取り組むことで得られるメリットは、以下の通りです。

心と身体の成長を促す

学校や会社など、たくさんの人とかかわる場では、協調性や社会性が重要になってきます。これらを一層育むのがスポーツです。集団の中で自分がどういう役割を担えばいいかを判断しながら行動することが、社会に出た時に臨機応変に対応できる心を育てます。また、スポーツは運動機能だけでなく、状況を的確に認知する機能など、多くの機能を伸ばします。

周りの子どもと切磋琢磨することが成長につながる

子どもは良くも悪くも周りに影響されやすい存在です。特に同学年の子どもの影響は大きく、周りの子どもが持っているものを欲しがったり、部活引退後に周りが受験勉強を始めると自分も焦って取り組み始めたり、多くの人がこのような体験をしたことがあるのではないでしょうか。周りと比較しながら努力しなければならない環境に置かれることで成長速度がぐんと速くなるのです。

難関校への入学や就職に役に立つ

学生時代にスポーツに打ち込むことで、難関校へスポーツ推薦で入学する道が開けます。もちろん、東大や京大などスポーツ推薦のない難関校もありますが、スポーツで自分の苦手を見つめて改善し、実践するという努力のスタイルは勉強にも役立ちます。受験勉強は精神的につらい時もありますが、スポーツに取り組むことで精神面を鍛え、打たれ強くなることもできるのです。学生時代のスポーツで全国大会に出場するなどの好成績を収めていれば、就職の際にも優遇されることが多いなど、将来を見据えたときにスポーツに取り組むメリットは多いのです。

東大や開成などの難関校は子育て次第で合格させることができる!~3人の子どもの夢を実現した教育法が知りたい方は【夢育】へ~

東大や開成などの難関校は子育て次第で合格させることができる!~3人の子どもの夢を実現した教育法が知りたい方は【夢育】へ~

東大や開成といった難関校は子育て次第で、合格させることができます。【夢育】は、3人の子どもの夢を実現した大野ママこと大野智恵子の教育法を、セミナーや講演会を通してお伝えしています。

大野ママの子育てで、長男は開成中学・高等学校卒業後、京都大学、東京大学大学院といった難関校に合格することができ、次男も慶應義塾大学に合格、三男はテニスで日本代表になり、スポーツ特待生で中央大学に入学しています。

子育てに悩んでいる方は、ぜひ【夢育】のセミナーへご参加ください。

難関校合格に導く子育て方法を知りたいなら【夢育】へ

会社名 株式会社智恵蔵
TEL 080-6718-0605
URL http://no1gakuin.com/

PAGETOP